NOWHERE

映像ディレクターのメモ

【雑感】iMac 5k Retina vs MacBook Pro (Retina,2012) vs MacBook Air (11-inch,2014)

iMac 5Kを導入後、実質、映像編集に使用するMacが3台になった。

編集アプリケーションはAdobe Creative Cloud

それぞれのMacでの雑感メモ。

MacBook Pro (Retina,15-inch, 2012)

CUDAを搭載したGPUNVIDIA GeForce GT 650M(1GB)の力不足か、Yosemiteにしてから画面が乱れまくっている。

PhotoShopとPremiereProは同時に立ちあがえるとどちらかの画面がブラックアウト。

アナウンスの出ていたMacBook Proのビデオ問題で、AppleStoreへ行ってきたが、簡易検査で無償修理対象ではないと診断。(CPU交換で4万弱の見積)

ソフトウェアに起因するものでは?と言われていたが、YosemiteのアップデートとCreative Cloud 2015のアップデートで、画面の乱れはだいぶ出なくなった。

ひとまず現役続行中。

MacBook Air (11-inch,2014)

画面解像度が1,366 x 768ピクセルのため、AfterEffectsやSpeedGradeまでカバーするには無理がある。

ただし、QuickRes(4.99USドル)という画面拡張アプリを入れると

Retinaばりの擬似解像度になり、ずいぶん効率よく作業できるようになる。

f:id:macdrop:20141201232956p:plain

1.7GHzデュアルコアIntel Core i7にしたが、やはり動画エンコードは時間がかかる。

それでも、打ち合わせや試写、出張時の作業用としては十分。

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)

スピードへのストレスも不具合もなく、大画面ゆえに編集のみならず、ネットサーフィンからエクセル作業までマルチに活躍している。

特に動画編集マシンとしては、AfterEffectsの作業効率や、MediaEncorderの書き出しスピードは、導入してよかったと実感できる早さ。

4Kだけでなく、時間を買ったという点でも元が十分とれていると思う。